<   2010年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

「弥次喜多」で旅の終い

a0169902_21203470.jpg
四条周辺を歩いていたら、感じのいい一軒家の甘味処を発見!

More
by kirafune | 2010-05-30 22:07 | 京都 | Trackback | Comments(26)

花の浄土 平等院 sanpo

a0169902_15192070.jpg
宇治には、静かな花の浄土があった。

More
by kirafune | 2010-05-29 16:14 | 京都 | Trackback(1) | Comments(18)

イノダコーヒで夢の朝食

a0169902_21224563.jpg
京の朝は、おいしいコーヒーから始めたい。

More
by kirafune | 2010-05-25 08:04 | 京都 | Trackback(1) | Comments(27)

雨の瑠璃光院

a0169902_1671481.jpg
瑠璃の庭は、雨の日がいい。

More
by kirafune | 2010-05-23 17:13 | 京都 | Trackback(2) | Comments(21)

美少女と妙満寺のツツジ

a0169902_0104863.jpg
不覚にも、木野の駅から徒歩5分の妙満寺への道を迷ってしまった。
向こうから帰宅途中らしい女子高生がやって来た。
「あの、妙満寺さんて、こっちですか?」
女の子はクスリと笑い、「逆方向ですよ」
「ええ~っ!それじゃあ、いつまでたっても、着かない訳ね」
私が溜息をつくと、利発そうなその子は
「うち、妙満寺さんの方角やから、一緒に行きましょう」と言ってくれた。
雨の中、もと来た道を引き返し、途中から左に曲がって、緩やかな坂を上った。

a0169902_0252261.jpg
「ここが、妙満寺さんです」

a0169902_0262310.jpg
門前には、色とりどりのツツジが咲き乱れていた。

a0169902_028285.jpg
雨に濡れた花の色が艶やかだ。
色白の女子高生は長い睫毛をしばたかせて言った。

a0169902_0281525.jpg
「あれが、仏舎利大塔です。晴れていれば、比叡山が向こうに見えるんやけど」

a0169902_029287.jpg
「こちらにはよく来るの?」

a0169902_0302717.jpg
「実はうちの弟がこちらの住職の息子さんと同級生で。
うちも子供の頃、よく境内で遊ばせてもらいました」

a0169902_0355045.jpg
「広くて立派なお寺さんね。ツツジも素敵♪東京から来た甲斐があったわ。
で、その息子さん、将来はお父さんの跡を継いで、住職さんになるのかな?」
「う~ん、それはどうか、まだわからへん」

a0169902_0502188.jpg
小首を傾げる少女の、黒目がちの瞳が愛らしかった。
漱石の『夢十夜』に出てくる美女は、こんな感じの女性ではなかったのだろうか。

a0169902_0524498.jpg
「ここまで一緒に来てくれて、ほんとにありがとう」私が頭を下げると
「京都の旅を楽しんでいっておくれやす」美少女は手を振って、家路についていった。
門前の池に、ツツジの影が映っているのをほんの一瞬眺めていた。
再び、少女の去った方角を見れば、もうその姿はなかった。

(撮影5月7日)

妙満寺 
京都府京都市左京区岩倉幡枝町91
電話l:075-791-7171
交通:叡山電鉄「木野駅」より徒歩5分
by kirafune | 2010-05-20 23:56 | 京都 | Trackback | Comments(14)

空気の見えるカフェ 「Prinz」

a0169902_2128368.jpg
京都・茶山に、「空気」の感じられる隠れ家があった。

a0169902_21311413.jpg
Prinz(プリンツ)は、洛北の住宅街の中に、さり気なく存在していた。
カフェ「エフィッシュ」をプロデュースした西堀晋さんの手になるデザイン空間には、自然が寄り添っている。
ハナミズキの大木があるガーデンには、緑のそよ風が吹いていた。

a0169902_21383983.jpg
アート好きな京都学の師匠がお気に入りの「Prinz」は、カフェの他に、レストラン、ギャラリー、図書室、宿泊施設が一緒になった複合的な建物だった。

a0169902_21492543.jpg
人気のティラミスとアイスティのセットを頼んだ。
京都造形芸大が近いためか、アート系のお洒落な学生さんがお客に多い。

a0169902_21514220.jpg
デザイナーの西堀晋さんは、五感で空気を感じられる、憩いの場を作っていた。
照明も家具も植木鉢も西堀氏のデザイン。
全体のバランスを考え、それらが細やかな心遣いの下、配置されていた。
後で調べてみると、木屋町のくずし割烹「枝魯枝魯」や東京・原宿の「上下西東」の店舗も、西堀さんのデザインだった。
「上下西東」には行ったことがあるが、洞窟のような面白い空間で、印象的だった。

a0169902_2157641.jpg
カフェのギャラリーには、写真が展示されていた。
自然を追った作品が、なんだか森へ通じる窓にも見えてくる。

a0169902_21585799.jpg
建築や美術の本に囲まれてとるディナーはどんな味がするのだろうか?
こちらのレストランは、あの「草喰なかひがし」の息子さんがシェフを務めるだけあって、新鮮な京野菜を使った美味しいイタリアンが、リーズナブルに食せると評判らしい。

a0169902_2214569.jpg
クリーミィーな手作りティラミスはボリュームも満点で、おいしかった。

a0169902_2225021.jpg
アイディアとウィットとアート満載の、五感を刺激される空間に招待され、気分は上々。
今頃、ガーデンのバラは花盛りの時を迎えているに違いない。
師匠、ありがとうございました。

Prinz
京都府京都市左京区田中高原町5
電話:075-712-3900
営業:午前8:00~午前2:00
休み:無休
交通 :叡山電鉄叡山本線茶山駅 徒歩2分
by kirafune | 2010-05-17 23:12 | 京都 | Trackback(1) | Comments(22)

上御霊神社の一初

a0169902_22562372.jpg
応仁の乱発祥の地に、紫の花が咲いていた。

a0169902_2256418.jpg
上御霊神社(かみごりょうじんじゃ)は、平安京を恐怖に陥れた早良親王らの怨霊を鎮めるために祀られたのが始まりという。

a0169902_22565292.jpg
京都でも古い歴史を持つ神社の境内は、それと感じさせる空気感があった。

a0169902_2257936.jpg
南側の堀の中には、初夏になると、鳶尾(いちはつ)の花が咲く。

a0169902_22571747.jpg
菖蒲の仲間の中で一番先に咲くため、「一初」とも書く。

a0169902_22572570.jpg
白塀に沿った堀の中で群れ咲く紫の花は、終始無言だった。

a0169902_22573354.jpg
京都中を焼け野原にした激しい戦いの始まりが、こんな静かな所からだったなんて・・・。
雨が激しく降ってきた。

a0169902_22574299.jpg
本降りの雨を除けるため、境内に入る。

a0169902_22575289.jpg
応仁の乱当時、境内に広がっていたという御霊の森の名残だろうか?
本殿背後の木々は鬱蒼としていた。

a0169902_2258154.jpg
一初の花の秘めた静けさに圧倒される京都時間だった。

(撮影5月7日)

上御霊神社
京都市上京区上御霊前通烏丸東入上御霊竪町495
電話:075-441-2260
交通:地下鉄烏丸線「鞍馬口」駅下車5分
by kirafune | 2010-05-16 21:37 | Trackback | Comments(14)

蹴上浄水場のツツジ sanpo

a0169902_11532844.jpg
蹴上浄水場にツツジを見に行った。

a0169902_11534569.jpg
地下鉄の「蹴上駅」から地上に出て、ちょっと歩くと

a0169902_11535973.jpg
目の前に、京都市の水道局が管理している蹴上(けあげ)浄水場がある。

a0169902_1154910.jpg
敷地内の斜面に沢山のツツジが植わり、黄金週間の数日間、毎年一般公開されている。

a0169902_11541846.jpg
公開日を過ぎた訪問だったので、塀の外側から眺めた。
丸く角のとれたツツジの群落は、さながら急流に洗われた石のようでもあった。
転がり、摩耗し、削られて、石はますます美しくなる。

a0169902_11542535.jpg
今ここから、初めの一歩を踏み出すとしたら、どんなふうに石を蹴り上げようか。
まっすぐ前へ。
後ろは振り返らない。
丸いツツジの群れが、自分を後押ししてくれているような気がした。

(撮影5月7日)

蹴上浄水場
京都市東山区粟田口華頂町3 京都市上下水道局総務課 
電話:075-672-7810
公開:例年GWの数日間
交通:京都市営地下鉄東西線「蹴上駅」下車2番出口すぐ
by kirafune | 2010-05-15 20:48 | 京都 | Trackback(1) | Comments(16)

新緑の京都 2010

a0169902_1183518.jpg
緑の風よ、吹き抜けろ。

a0169902_1191393.jpg
いつもの朝の散歩道。

a0169902_1194499.jpg
気がつけば私はまた、ここに来てしまっていた。

a0169902_1205591.jpg
天授庵の前を横切り、

a0169902_1213362.jpg
苔庭の中をゆく。
私は緑風と一緒に歩くのが、好き。

a0169902_1221043.jpg
そして、水路閣に出た。


a0169902_1253619.jpg
アーチの足元にシャガがひっそりと咲いている。

a0169902_1264324.jpg
風はどこからともなく吹き、

a0169902_1271363.jpg
どこへともなく去っていく。

a0169902_128789.jpg
「この門を入れば 涼風 おのづから」
さあ、門をくぐって、新緑の京都へ。
緑の風に吹かれるようにして歩けば、どこまでも行けるような気がした。

南禅寺
京都市左京区南禅寺福地町
電話:075-771-0365
拝観:境内自由 (方丈庭園、三門、南禅院:8時40分~17時)
by kirafune | 2010-05-13 23:55 | 京都 | Trackback(1) | Comments(16)

西新井大師の牡丹園

a0169902_1952710.jpg
下町の「ぼたん大師」で、4500株の牡丹が咲き乱れていた。

a0169902_19523266.jpg
関東の高野山と呼ぶにふさわい伽藍風景の壮大な西新井大師(にしあらいだいし)。
弘法大師の創建と伝えられている。
本堂の他に、書院、奥の院、権現堂、弁天堂、三重塔などの堂宇が建ち並ぶ。

a0169902_19525327.jpg
ここは古くから、牡丹の名所で知られていた。

a0169902_19531540.jpg
境内に5か所ある牡丹園の中でも、一番株数が多いのが、仁王門近くの第2牡丹園だ。

a0169902_19533261.jpg
奈良の長谷寺が西の横綱なら、東の横綱はここ西新井大師だろう。

a0169902_1954128.jpg
年間を通して牡丹の管理が行き届いているらしく、花つきはよかった。

a0169902_19542146.jpg
川崎大師とともに、開運と厄除けの霊場として有名なせいか、この日も大勢の参拝客が訪れていた。

a0169902_19544021.jpg
六角観音堂前で艶やかな牡丹に遭遇する。

a0169902_1955911.jpg
鐘楼前の藤棚は、京都の平等院を思わせる見事な枝ぶりだった。

a0169902_195540100.jpg
牡丹や藤の他にも、梅、桜、芍薬、紫陽花の花木が沢山あり、四季を通じて花物語が楽しめる西新井大師。
色とりどりの花が咲く浄土は、意外と身近にあった。

(撮影5月4日)

西新井大師
東京都足立区西新井1-15-1
電話:03-3890-2345
開園:10:00~16:00
料金:無料
交通:東武大師線・大師前駅下車 徒歩1分
by kirafune | 2010-05-10 06:30 | | Trackback | Comments(16)