雲母(きら)の舟が出ます♪

a0169902_23164538.jpg
行く川のながれは絶えずして

a0169902_23173341.jpg
しかも本の水にあらず。

a0169902_23175771.jpg
よどみに浮ぶうたかたは

a0169902_23182182.jpg
かつ消えかつ結びて、

a0169902_23184470.jpg
久しくとどまることなし。
By 鴨 長明 「方丈記」

a0169902_2235760.jpg
生きとし生けるもののすべては、うつろいゆく儚さを持つ。
だからこそ、その一瞬の輝きが美しい。
今年も命のキラキラを求めて

a0169902_23234061.jpg
春の京都に

a0169902_2332507.jpg
行ってきました。

a0169902_22354098.jpg
さあご一緒に、雲母(KIRA)の舟に乗って、キラッと光る揺らぎの瞬間をみつけに行きませんか?
by kirafune | 2010-04-11 16:05 | ご挨拶 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : https://kirafune.exblog.jp/tb/10393438
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shino at 2010-04-12 19:16 x
方丈記の一節にぴったりな写真の数々、素晴らしいですね。
何時の世でも、人の世の無常を説く心持は、時代を超えて共鳴出来るものがありますね。
流れと、うたかたと光のハーモニーが心地よく、花筏さえも何かを訴えかけてくるようです。
京都の春の感動と、その余韻にしばらくの間、包まれました♪
Commented by 都人 at 2010-04-13 06:52 x
素敵な船出になりましたね~
楽しい時は直ぐに終わっちゃいますが
思い出は、心の中にず~と残りますものね
春の京都、堪能しました。ありがとう!
Commented by Kuma at 2010-04-13 22:08 x
どのお写真も素敵ですね。臨場感あふれる物ばかり。
心がなごみました♪
Commented by miyabiko at 2010-04-13 22:34 x
「雲母の舟」って素敵な響きですね。
キラキラ輝く写真と方丈記の一節が相まって、私の琴線に触れ、とても感動しています。
ありがとうございました。
輝かしい船出に乾杯!!
漕ぎ出した雲母の舟に、よかったら私も乗せてくださいね。
Commented by うえっち at 2010-04-13 23:20 x
復活、おめでとうございます♪
相変わらず、写真も日記の内容も素晴しいです(^-^)

平安神宮のあたりを行ってきたんですか?
Commented by ぽん at 2010-04-14 19:30 x
私もぜひ、乗せてくださいな。 よしりんさんの雲母の舟に。
なんて言ったらいいのかなあ。とにかく嬉しいんです。
これからも楽しみにしています。
Commented by kirafune at 2010-04-15 01:08
♪shino ちゃん

京都の春はいつでも感動をもたらしてくれますね。
方丈記の出だしの一節は、いつの世の人々の心をも掴んで離しません。
あの桜たち、もうみんな散ってしまったでしょうね。
素敵なひとときをありがとうございました。
Commented by kirafune at 2010-04-15 01:09
♪都人さん

いつもありがとうございます。
楽しい船旅をまたご一緒に!
Commented by kirafune at 2010-04-15 01:11
♪Kumaさん

お久しぶりです。
ありがとう。
京の春はやっぱり格別ですね。
Commented by kirafune at 2010-04-15 01:12
♪miyabikoさん

こちらこそ、ありがとうございます。
ご一緒できる喜びに、乾杯!
Commented by kirafune at 2010-04-15 01:14
♪うえっちさん

また、よろしくね。
写真は、主に山科の風景です。
平安神宮の紅枝垂れ桜には、まだちょっと早かったです。
来年、行こうかな?
Commented by kirafune at 2010-04-15 01:15
♪ぽんさん

ありがとうございます。
是非ご一緒に!
楽しい旅となりますよう。
出発進行~。
Commented by たーや at 2010-04-16 01:27 x
こんばんは~
復帰、おめでとうございます。嬉しい限りです。
私も雲母の舟に乗りたくてやってきました。
また寄らせていただきますね。
六角堂、まだ行ったことないんですよね、、実は。
いいもの見せていただきました。
Commented by ログの大好きな徳さん at 2010-04-17 17:41 x
KIRAの舟に乗って流れを下りながら 花を見るのは
京の古からの舟遊びとも言えますね。
岸辺を歩くと 春の詩が聴こえてきます。
Commented by kirafune at 2010-04-18 21:22
♪たーやさん

こんばんは!
コメントありがとうございます。

さすが、たーやさん。
写真だけで、六角堂って、わかっちゃいましたね。
街中のビルの谷間に急にピンクの枝垂れ桜が咲いていて、びっくりです。
お寺さんの隣りのビルにあるスタバが花見の特等席のようでした。
雲母の舟に一緒に乗ってくださるのですね。
嬉しいです♪
今後ともよろしくお願いします。
Commented by kirafune at 2010-04-18 21:24
♪徳さん

春の詩が聴こえてきましたよ。
舟遊び、これからも是非ご一緒に。
またよろしくお願いします。
<< 大松清流亭の紅枝垂れ桜