光琳の燕子花 sanpo

a0169902_2232411.jpg
会えるのは、年に一度のお楽しみ♪



a0169902_2234328.jpg
竹のエントランスの美しさに胸も高鳴る。

a0169902_2233734.jpg
毎年、杜若の咲く頃に公開される、尾形光琳の燕子花図屏風。

a0169902_2235195.jpg
今年も、表参道の根津美術館に見に出掛けた。

a0169902_224416.jpg
青と金と緑の世界に圧倒され、興奮気味で庭に出る。

a0169902_2241399.jpg
根津さんの集めた数百年前の菩薩座像が、ひっそりと広大な庭の片隅に佇んでいた。

a0169902_22281431.jpg
池の向こうに青い光が見えた。

a0169902_2243590.jpg
うつつの杜若だった。

a0169902_2244411.jpg
「あっ、光琳さん」
そう感じたのは、ほんの一瞬。

a0169902_2245158.jpg
鴨の羽にひと筆の青を残し、画伯の姿はすでに消えていた。

(撮影5月4日)

根津美術館
東京都港区南青山6丁目5−1
電話:03-3400-2536
開館:10:00~17:00
休み:月曜日
交通:地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」駅下車 A5出口より徒歩8分


exciteの「今週のピックアップブロガー」のコーナーで雲母舟が紹介されました。
by kirafune | 2011-05-17 23:06 | 展覧会 | Trackback | Comments(28)
トラックバックURL : https://kirafune.exblog.jp/tb/12583697
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shino at 2011-05-18 00:58 x
どのお写真も美しく、素敵な展開ですね~♪

池に映ったのは、本当に光琳さんだったかもしれませんね。

私も、行ってきました。
美術館が新しくなってから初めて訪れましたが、素晴らしかったですね!
Commented by たーや at 2011-05-18 01:30 x
こんばんは♪

その翌日、勧められて行ったのは正解でした。

館内より庭園のほうが長かったのは、仕方ないこと(笑
でも金屏風には感じるものがありましたよ!
素敵な時間が過ごせました。
Commented by しずこ at 2011-05-18 07:13 x
教科書で見慣れた光琳の燕子花図屏風は
今回の上京がなければ、一生実物を見ることがなかったでしょう。
金屏風に描かれた燕子花はまさに圧巻でした。
光琳の余韻を残しながらの庭園散策、新緑に包まれ至福の時間を過ごすことができました。
うつつの杜若もきれいでしたね、今でも脳裏に焼き付いています。
ご案内ありがとうございました。
あの鴨の羽の青は光琳の仕業だったのですね。
さすが雲母舟さん!天晴れです。
Commented by おつきさま at 2011-05-18 07:59 x
こんにちは~。写真展の際にお薦め頂いて、その足で根津美術館に行きました。
東京は意外に緑が多いのですけど、ここも緑がたっぷりでしたね。
庭園の中に自然な感じて石仏があるのにもびっくり。
そんな中で見たカキツバタの花の青は、とても印象に残りました。

お薦め頂いて、ありがとうございました。
Commented by mama-mumin at 2011-05-18 08:02
kirafuneさん、おはようございます。
水に映るカキツバタは、画になりますね。
昔からこの綺麗な風景は残しておきたいと、光琳さんも絵にされたのでしょうね。
うつつの杜若、素敵な表現。
最後から2枚目も夢かうつつかの雰囲気がします(^^)
Commented by しなこじ at 2011-05-18 08:55 x
おはようございます。
池に映る杜若、素敵ですね、 見えたのはきっと光琳さんですよ!
杜若の色は、あとまで印象に残りますね。
幻のように見える菩薩座像もいいですね~ こちらも印象的です。
Commented by chisa_pie at 2011-05-18 09:12 x
根津美術館、素晴らしい庭園ですね。
春紅葉に、菩薩像、そして杜若。
杜若の何とも言えない青紫の色と形、
素晴らしいですね。
鴨の羽に青のひと筆、素敵なショットです♪
Commented by ぽん at 2011-05-18 10:00 x
こんにちは。
表参道にこんな美術館が! エントランス、いいですね。
行ってみたいです。 カキツバタ 今年はもう終わりかな。
でも又ひとつ来年の楽しみが増えました(^^♪
写真もとても素敵。
Commented by arak_okano at 2011-05-18 10:05
アラックです。
あれれ、都心のど真ん中ですよね、驚きました&バグースですね。
東京でも行った事のない場所ばかりです。
水があると嬉しくなります。
Commented by うえっち at 2011-05-18 22:42 x
おぉ、ウツリコミがたくさん!笑

ステキなお庭ですね♪
Commented by kirafune at 2011-05-19 07:27
♪shinoちゃん

光琳さんがいるような
そんな気のした、素晴らしい庭園でした。
池の端から眺める杜若が
なんとも言えず、美しかったですね。
Commented by kirafune at 2011-05-19 07:30
♪たーやさん

ちょうど光琳の燕子花が公開の時期で
たーやさんもご覧になられて、よかったです。
東京に住む私たちも、年に一度のチャンスでした。
たーやんさん、ラッキー!
庭もきれいでしたね^^
Commented by kirafune at 2011-05-19 07:32
♪しずこさん

あの鴨の羽の青は、なかなか
見ることができないと
庭を散策中のどこかのおばあさんが
言っていましたよね。
それを聞いて、年に一度の
光琳の燕子花と同じと思いました。
ご一緒できて嬉しかったです。
Commented by kirafune at 2011-05-19 07:35
♪おつきさま

学生時代からこちらの美術館には
よく出掛けていたのですが、
5月のこの時期には久しぶりに行きました。
おつきさまも行かれてよかったです^^
それにしても、本当にあちこちに
旅されていますね~。
羨ましいです!
Commented by kirafune at 2011-05-19 07:37
♪むーみんさん

おはようございます!
光琳さんがお庭にいらっしゃるような
そんな気がしました。
幻想的でこの世のものとは思えない青でした。
同じところを何十枚も撮ってしまいました~(汗)
Commented by kirafune at 2011-05-19 07:42
♪しなこじさん

庭の菩薩座像は鉄製で1466年、
中国は明時代のものでした。
そういう年代物の像や石仏が
庭のあちこちに
点在していました。
新緑や杜若も美しく
素晴らしい庭園でした!
Commented by kirafune at 2011-05-19 07:45
♪chisa_pieさん

根津美術館、よかったです。
改装してからは、初めて行きました。
庭は昔から起伏に富んだ素敵な佇まいでしたが、
美術館の建物改装後も、建築と庭の調和が美しく
美術鑑賞と二重の楽しみがありました。
鴨の羽の青、なかなか見られないものだそうです。
Commented by kirafune at 2011-05-19 07:48
♪ぽんさん

ありがとうございます!
お庭の杜若、また来年もGWあたりに是非^^
光琳さんの燕子花とセットで♪
どちらも美しく、甲乙つけ難いですよ。
Commented by kirafune at 2011-05-19 07:49
♪アラックさん

本当に都会のど真ん中に
あんな自然を感じられる庭園の存在、
驚きですよね。
ゆったりとした時間が流れている場所でした。
Commented by kirafune at 2011-05-19 07:50
♪うえっちさん

水を見ると、どうしてもウツリコミを
意識してしまいます。
ウツリコミ症候群かも?
うえっちさんも!?
Commented by wwmc at 2011-05-19 08:35
おはようございます 雲母舟さん
こちら たーやさんの投稿でさきに拝見していましたが、雲母舟さんの
紹介ではまた違った印象が迫ってきます。杜若を遠くに配した遠景の
一枚がいいですねえ・・・五月は私の生まれ月でもあり、この花は
とても大好きなんです。いいところですねえ、こちら。ぜひまた
いかせて貰いたくなりました。ありがとう。
Commented by d12taka at 2011-05-19 17:43
こんにちは☆
根津美術館、あの庭園を訪ねてみたいと思いつつ
まだ果たせておりませんで。。
住所みると信じられない場所に立地してますよね。
では…

水屏風 色うつしてや 杜若
Commented by すうすう at 2011-05-19 21:02 x
ご無沙汰していました。

カキツバタとカルガモ、素敵ですね。
そしていつもながら掌編小説のようなブログ記事…。
雲母舟さんのブログはちょっとした異世界にトリップさせてくれます。
ありがとうございます。
Commented by kirafune at 2011-05-20 06:05
♪wwmcさん

おはようございます!
たーやさんも根津美術館の記事を
行かれてすぐにアップされていましたね。
私も拝見しました。
写真て、同じ場所でも人それぞれの
見方があり、本当に面白いですね。

wwmcさんは、五月生まれですか。
おめでとうございます!
いい季節に誕生されましたね♪
私の友人に五月生まれの方、多いです。
これからの1年も、健康で
楽しい日々となりますように。
Commented by kirafune at 2011-05-20 06:08
♪d12takaさん

素敵な句をいただき、ありがとうございます。
すごい~!!
すぐにできてしまうのですね。
根津美術館の庭園は、表参道の喧騒が
嘘のような静けさでした。
是非一度!
Commented by kirafune at 2011-05-20 06:11
♪すうすうさん

こちらこそ、ご無沙汰しています。
すうすうさん、お元気ですか?
いつも励ましのお言葉をありがとうございます。
すうすうさんのご訪問を受けると
いつも向島百花園に行きたくなる私です。
今頃はどんな花が咲いているでしょう?
また訪れてみたいです。

Commented by fukuyuminia at 2011-05-21 01:00
こんばんは☆
水面に映る鮮やかな紫と緑が美しいですね。
ここは都会の中にあるとは思えないところですよね。
リンクさせていただいているブロガーさんも以前アップされていて
そのお写真を見て以来、行ってみたいと憧れている場所です。
ここでまた見られるとは♪嬉しいです♪
Commented by kirafune at 2011-05-22 09:35
♪fukuyuminia さん

こんにちは!
水面に映る世界と現実が、
時々、どちらが本当なのか
わからなくなる時があります。
もしかしたら、水面の中に
もうひとつの世界が存在するのではないか。
ふとそんな思いにとらわれた、
水辺でのひとときでした。
<< 「原尻の滝」からの手紙 町家のイタリアン 「道月」 >>