仏蘭西しりとり旅エセー2「噂話」

a0169902_22291653.jpg
「古今東西、女って怖いわぁ」
ロワールのお城でホウキに乗った魔女が呟いた。




a0169902_22292954.jpg
涙なくして語れない。

a0169902_22294020.jpg
ここは、フランス・ロワール地方。

a0169902_2231143.jpg
ロワールの支流シェール川の上に建つシュノンソー城だ。

a0169902_22311246.jpg
代々女性が城主であったため、「6人の貴婦人の城」とも呼ばれる。

a0169902_22312534.jpg
シュノンソー城を訪れたこともあるルイ14世のサロンは赤い。
きんきらきんの太陽王は小男だったらしい。

a0169902_22313880.jpg
一人目の貴婦人は、アンリ2世とは親子ほど年の差がある美貌の愛人ディアーヌ・ド・ポワティエ。
ディアーヌの知性と実行力が川に橋をかけ、世界に類を見ない美しい城にさせたのだって。
それを苦々しく思っていたのがアンリ2世の正妻・カトリーヌ・ド・メディシスだった。
王が亡くなるとすぐディアーヌを追い出し、愛人のかけた橋の上に回廊を造って、舞踏会場に変えた。

a0169902_22315025.jpg
自分が真の城の女主人ってわけね。
なんだか、残された肖像画も陰険そうな顔つきだね。

a0169902_2232125.jpg
厨房に続く配膳室では、従業員たちが日々、女主人についての噂話に興じていたに違いない。

a0169902_22322837.jpg
ねえねえ、今度の奥さまは前の方より、見た目負けてるよね。人の噂話をするのは楽しい。
でも若くして外国から嫁にきたら、美しい愛人が夫のそばにいて、自分の教育係みたいにあれこれ指図されて、今に見てろと思ってたんじゃないの。

それからもまた、次々と女城主が変わっていった。
城の中は常に噂話に包まれていたことだろう。

a0169902_22323596.jpg
はああ。
女の闘い、怖かった。
中に入れば、今度は貴方も・・・・。
世間の口に戸は立てられない。

(撮影12月18日)

シュノンソー城

★雲母舟からのお願い
ランキングに参加してます。
お気に召したら、クリックしてね♪
    ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
by kirafune | 2015-01-31 23:10 | | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://kirafune.exblog.jp/tb/20830202
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by arak_okano at 2015-02-01 05:41
雲母舟さん、またまた夢の世界をありがとうございます、バグースです。今は、何処へも行けないアラックです。
Commented by ei5184 at 2015-02-01 06:13
古城を訪ねる旅ですか~ こう云う所なら、
もう一度だけフランスに行ってもいいかな(笑)

好い景色ですね~!
Commented by kirafune at 2015-02-01 10:01
♪アラックさん

こんにちは!
今日も北風ぴゅーぴゅー寒いですね。
どこにも出かけず家でのんびりも
いいものですね。
Commented by kirafune at 2015-02-01 10:03
♪eiさん

フランスに私もまた行きたいです。
でも、後藤さんが殺されてしまったみたいですね。
この悪夢は終わりじゃなくて始まりだとしたら・・・。
海外で暮らす日本人も大変ですが、
海外旅行もこれから心配になりました。
Commented by margueri1 at 2015-02-01 17:32
こんにちは。
素敵なお城ですね。
クリスマスシーズンは、ヨーロッパの
一番素敵な季節だったのではないかと感じられます。
窓から眺めるお城も素敵です。
私もいつか行ってみたくなります。(^^)
Commented by suzu-clair at 2015-02-01 20:16
シュノンソーも美しいですね・・・☆
その美しさの裏に、
女たちの意地をかけた闘いがあったのですね~。

きらびやかなステンドグラスも、
場内に施された装飾も、
華やかですね!
クリスマスの時期のお写真が拝見できて嬉しいです。
ツリーも、
これでもかというくらいオーナメントがついていますが、
やはりこのサロンにはこのくらいの華やかさが必要ですね^^
けっこう可愛らしいオーナメントなのがチャーミングです♪

テーブルのクリスマス装飾も、
森の食卓のようなかわいらしさとモダンさがあって
フランスらしいですね。
うねうねしているのは、キャンドルなのでしょうか?
可愛い装飾ですが、
うねうねに炎がついたら、
16世紀のころの女同士の城主争いのお話と重なって
ちょっぴり怖く見えるのかななんて思っちゃいました^^
Commented by kirafune at 2015-02-01 21:22
♪Maruさん

こんばんは!
Xmasシーズンは、キリスト教徒の多い
ヨーロッパの国では、やっぱり
1年のうちで特別な時期のようですね。
都心を離れても、町のそちこちに
クリスマスの華やいだ空気が漂っていました。
Commented by kirafune at 2015-02-01 21:28
♪すずさん

サロンを営まれているすずさんは
やはりルイ14世のサロンや
テーブルウェアに視線が行かれましたね。
今から500年も前のお城ですが、
きれいに保存されていました。
うねうねのキャンドルに火が灯ったら・・・。
すずさんの想像力に唸りました~^^
<< 仏蘭西しりとり旅エセー3「知ら... 仏蘭西しりとり旅エセー1「古城」 >>