「南禅院の庭」京都2017秋の想出帖⑧

a0169902_21054945.jpg
様々な自然界の色が織り成す南禅院の庭で。
この庭園のように、なぜ、人間は社会という庭の中で、美しく共存できないのだろうか。




a0169902_21054984.jpg

ことはそれ程、単純でなかった。

a0169902_21054957.jpg

人間社会では人の数だけ、心があり、感情があり、それらが複雑に絡み合っていた。

a0169902_21054973.jpg

誰しもが人知れず悩みを抱えている。
そして、時に人を羨んだり、好きになったり、憎んだり、妬んだり、憧れたり、足を引っ張ったりしていた。
にこやかな微笑みの下で、何食わぬポーカーフェイスの陰で。

a0169902_21054873.jpg
あまり色々考え過ぎると、何が真実なのか、わからなくなってくる。
なぜなら、真実は一つではなく、見方によって、いくつにも折り重なって存在するから。
一色ではない秋色の庭を眺めながら、できるだけ人を傷つけないで生きる術を考えた。
黙して語らず、この庭のように。
静かに時だけが過ぎていった。

(撮影11月25日)

南禅院






第2回プラチナブロガーコンテスト



by kirafune | 2018-02-05 05:05 | 京都 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://kirafune.exblog.jp/tb/238273941
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by doitsuwine at 2018-02-06 12:35
哲学は十人十色。
だから人間社会には法律と政治が必要なんでしょうね。
人生は闘争の連続だから。
Commented by umi_bari at 2018-02-25 18:06
南禅院さんも良い具合に染まりましたね。
バグースです。
アラックも、数年前に行ったのですが、デジタルデータが
壊れてしまったんですよ。
デジタルって、怖いですね。
Commented by kirafune at 2018-02-25 22:05
♪umi_bariさん

ちょうどいい時に訪れることができました。
あらら、だーたの破損ですか。
恐ろしいことですね。
知り合いは、大切な写真データがある日壊れてしまい、
取り戻すのに40万円もかかったと泣いていました。
本当に怖い話です。
Commented by kirafune at 2018-02-25 22:09
♪doitsuwineさん

人生は闘いの連続。
平昌オリンピックが今日、閉幕しました。
それぞれの選手が4年間、それ以上、
自分との闘いに挑んで、世界の舞台で技を競い合いました。
勝っても負けても、一生懸命な姿は
世界中の人々に感動を与えてくれました。
戦争は嫌ですが、スポーツの闘いは
見ていて清々しいものですね。
自分もへこたれないで頑張らないと!と思えてきました。
Commented by umi_bari at 2018-02-26 17:36
雲母舟さん、データの復旧、とんでもなくお金が掛かりますね。アラック、三つはHDDを壊していますが、諦めました。
Commented by &oh at 2018-03-05 22:37 x
秋の南禅院、赤、黄、緑が複雑に絡み合って、美しい景観を作り出していますね。

先日(2週間ほど前)訪れた妙心寺塔頭『東海庵』はシンプルなグレー一色の世界でしたが、
あの庭は何もない庭を見て思いを巡らせるのが趣旨…らしいです。

『東海庵』は普段は非公開ですが、今三ヶ月ほど公開していて、
次を逃すといつ見られるか分からないので行ってきました
(因みに今回の公開は5年ぶりだったそうです)。
Commented by kirafune at 2018-03-06 00:16
♪&ohさん

「東海庵」の枯山水は引き算の美学で
素晴らしいお庭ですね。
「見たい!」と思ったときに行かないと
後悔します。
見ることができて、よかったですね^^
Commented by kirafune at 2018-03-06 00:19
♪アラックさん

壊れたデータの復旧は、泣きっ面にハチの
手痛い出費です。
3つのHDD,残念でしたね。
<< 「無鄰菴」京都2017秋の想出帖⑨ 「南禅寺三門」京都2017秋の... >>