近代洋画の窓「黒田記念館」

a0169902_19591337.jpg

日本近代洋画の窓は、万人に開け放たれていた。






a0169902_19591341.jpg

上野の東博の隣りに、その記念館はひっそりと建っていた。

a0169902_19591326.jpg
日本の近代洋画を切り開いた黒田清輝の没後に建てられたこの記念館は、

a0169902_19591422.jpg

創建当時の姿を今に伝える、貴重な建物だ。

a0169902_19591489.jpg

遺族から寄贈された画家の遺品と

a0169902_19591482.jpg

数々の遺作が展示されている。

a0169902_19591452.jpg

黒田画伯はにゃんこ好きだったのだろうか?

a0169902_19591486.jpg

画家の息遣いを感じる作品群に

a0169902_19591578.jpg

しばし、見惚れた。

a0169902_19591576.jpg

入館は無料。


a0169902_20103229.jpg

代表作をご覧になりたい方は、年3回、新年、春、秋の各2週間、2階の特別室で見ることができる。

a0169902_20022529.jpg

「湖畔」(1897年)

a0169902_20022533.jpg

「智・感・情」(1899年)

a0169902_20022507.jpg

「読書」(1891年)

a0169902_20022510.jpg

「舞妓」(1893年)

直近だと、2018年10月30日(火)~11月11日(日)に公開されるので、また見に行ってみよう。

黒田記念館
東京都台東区上野公園13-9
電話: 03-5777-8600(ハローダイヤル)
開館:9:30~17:00
休み:月曜日(祝日・休日の場合は開館、翌火曜日休館)、年末年始。ただし、ゴールデンウィークとお盆期間中は無休
料金:無料
特別室開室日:
2018年10月30日(火)~2018年11月11日(日)
2019年1月2日(水)~2019年1月14日(月)
2019年3月25日(月)~ 2019年4月7日(日)


by kirafune | 2018-10-08 00:03 | 展覧会 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://kirafune.exblog.jp/tb/238795588
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by umi_bari at 2018-10-08 04:41
おはようございます、アラックです。
こちらも撮影可能なのですね、ありがたいですよね。
禁止の場所ばかりですからね。
お見事バグースです。
Commented by kirafune at 2018-10-08 21:29
♪アラックさん

こんばんは!
こちらの記念館はいつでも静かなのと、
撮影可なのが、いいです。
日本の美術館もこちらやルーブルのように
撮影可能なところが増えるといいですね。
Commented by desire_san at 2018-10-09 20:10
こんいちは。
いつも美しい写真を楽しませていただいています。黒田記念館がリニューアルオープンしましたのはしていましたが、素敵な写真を拝見し、行った気分を味合わせていただきました。「湖畔」「読書」などの傑作ももここ見ることがけ出来るの手ですね。

私は、日本美術の近代化に尽くした洋画家黒田清輝にも評価されず、フランスだ絵を学んだ藤田嗣治だけがフランスで高い評価を受けたのか? なぜ藤田嗣治だけが日本を追われたのか? など画家・藤田嗣治をたくさんの作品を通して整理してみましたので、ご一読ください。ご意見などいただけると感謝いたします。
Commented by kirafune at 2018-10-12 19:46
♪desire_sanさん

こんばんは!
黒田記念館はリニューアルして、
カフェも併設されていました。

私も「藤田嗣治展」を観に行きました。。
藤田だけが日本を追われた?!
興味深いですね。
拝読させていただきますね。
いつも鋭い考察の記事をありがとうございます。



<< 谷中銀座のシッポ ありがとう築地市場 >>