人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

雲母(KIRA)の舟に乗って

東京と京都の街角でキラッと光る揺らぎの瞬間を拾った写真&エッセイのブログです♪


by 雲母舟

切り花のともしび ~祈り・藤原新也〜

切り花のともしび ~祈り・藤原新也〜_a0169902_00363951.jpg
寿命とは、切り花の限りある命のようなもの。






切り花のともしび ~祈り・藤原新也〜_a0169902_00385505.jpg
藤原新也さんは言った。





切り花のともしび ~祈り・藤原新也〜_a0169902_00364016.jpg
「かみさま」はそこにいるのか。
あるいはいないのか。




切り花のともしび ~祈り・藤原新也〜_a0169902_00364084.jpg
はっきりとはわからなくても、
人体はあらかじめ
仏の象を





切り花のともしび ~祈り・藤原新也〜_a0169902_00364003.jpg
内包していた。
そして、人はあまねく光に照らされていた。




切り花のともしび ~祈り・藤原新也〜_a0169902_00364091.jpg
てのひらのなかのともしびは
宇宙の彼方からは見えない。
それでも、人類には火をともす自由があった。
ひとつひとつのともしびの集まりがいつか花開き、
希望の光になることを願いながら。


2022年11月26日(土)–2023年1月29日(日)
東京都世田谷区砧公園1-2 世田谷美術館 1階展示室
電話:03-3415-6011
開館:10:00~18:00(入場は17:30まで)
休館:毎週月曜日、12月29日(木)~1月3日(火) ※1月9日(月・祝)は開館、翌1月10日(火)は休館
料金:一般 1200円/65歳以上 1000円/大高生 800円/中小生 500円
交通:東急田園都市線「用賀」駅より徒歩17分

ブログテーマ: 【お年玉プレゼントキャンペーン】年末年始・新春の一枚 2023
by kirafune | 2023-01-05 07:30 | 展覧会 | Trackback