人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

雲母(KIRA)の舟に乗って

東京と京都の街角でキラッと光る揺らぎの瞬間を拾った写真&エッセイのブログです♪


by 雲母舟

今、逢いにゆきます ~富岡製糸場~

今、逢いにゆきます ~富岡製糸場~_a0169902_15262577.jpg
富岡製糸場の生糸で作ったパラシュートに乗って、先祖に逢いに行った。




今、逢いにゆきます ~富岡製糸場~_a0169902_15282227.jpg
降り立ったのは、幼い頃の微かな記憶の中にある鏑川(かぶらがわ)。
私にとって群馬県富岡市は母方の実家があった、縁のある土地だった。





今、逢いにゆきます ~富岡製糸場~_a0169902_15305674.jpg
その川のほとりに建つ世界遺産の「富岡製糸場」は
私の曾祖父も大工として建設時に参加していた。




今、逢いにゆきます ~富岡製糸場~_a0169902_15292575.jpg
安政元年生まれの曾祖父にも、明治生まれの祖父にも私は会ったことがない。
生まれる前に亡くなっていた。





今、逢いにゆきます ~富岡製糸場~_a0169902_15292576.jpg
それでも、祖父が父親の後を継いで富岡で大工の棟梁をしていたので、
製糸場の建設時のことを自分史の中に書き残していて、当時の世情や出来事を知ることとなった。




今、逢いにゆきます ~富岡製糸場~_a0169902_15292561.jpg
これは太平洋戦争中の昭和10年代、富岡市の一之宮貫前神社に群馬県中の大工が大集合した時の記念写真だ。
最前列に立つ↑の上の背広姿の男性が私の祖父だ。
この写真に映っている人は全員今は鬼籍に入っていると思われるが、
 背後の大鳥居や石段は現在も残っている。




今、逢いにゆきます ~富岡製糸場~_a0169902_15292574.jpg
群馬県の大工たちも総動員して建てられた富岡製糸場の煉瓦が、なんだかとても愛おしく感じられた。




今、逢いにゆきます ~富岡製糸場~_a0169902_15332423.jpg
製糸場内には社宅も建てられていた。





今、逢いにゆきます ~富岡製糸場~_a0169902_15334614.jpg
社宅の入口の鍵。
当時のままの姿で保存されている。




今、逢いにゆきます ~富岡製糸場~_a0169902_15324155.jpg
工場で働く人たちは家族とともに住んでいたそうだ。




今、逢いにゆきます ~富岡製糸場~_a0169902_15324202.jpg




今、逢いにゆきます ~富岡製糸場~_a0169902_15324298.jpg
社宅の窓に近寄ると、




今、逢いにゆきます ~富岡製糸場~_a0169902_15324258.jpg
当時の写真が飾ってあった。




今、逢いにゆきます ~富岡製糸場~_a0169902_15262577.jpg
時は過ぎ。
世界遺産となった富岡製糸場を訪れて、まだ見ぬ祖父や曾祖父にやっと逢えた。

(撮影:2024年1月4日)

群馬県富岡市富岡1番地1
電話:0274-67-0075
開場:9:00~17:00 (受付は16時30分まで)
休み:年末(12月29日から31日まで)
料金:1,000円 ※オプションのガイドツアーは別途200円要
交通:上信電鉄「上州富岡」駅下車後徒歩10分

ブログテーマ:日本に生まれて良かったと思うのは?
Commented by tamutamu0401 at 2024-01-21 23:43
kirafuneさん!こんばんは~
富岡製糸場が世界遺産になったことで残されて後世に伝えられるのは良いことですね
え~!祖父様がこの富岡製糸場の建設に携わられたのですか!?
凄い縁ですね!?
今でも残っていると言うことをこの写真の方達がもし知ることになったら嬉しいでしょうね?
しかも世界遺産ですからね!
このレトロ感がとても懐かしく感じます。
                      たむたむ
Commented by meife-no-shiawase at 2024-01-22 21:47
わーーーーー。
kirafuneさんがこんなにもご縁がある場所だったとは。
私はまだ訪問したことがないのですが一度行きたいと思っていたところです。
お祖父様は大工の棟梁をされていたのですか!
わーーーー。なんだかちょっと感激してしまいました。
by kirafune | 2024-01-21 22:17 | | Trackback | Comments(2)