人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

雲母(KIRA)の舟に乗って

東京と京都の街角でキラッと光る揺らぎの瞬間を拾った写真&エッセイのブログです♪


by 雲母舟

子育の神に抱かれて ~鬼子母神前~

子育の神に抱かれて ~鬼子母神前~_a0169902_20391042.jpg
樹齢700年の子育てイチョウの木の下で猫がスヤスヤと眠っていた。




子育の神に抱かれて ~鬼子母神前~_a0169902_20391008.jpg
メイフェさんうろ子さんとご一緒の東京さくらトラムの旅は「面影橋」から「鬼子母神前」へ。
安産・子育(こやす)の神様・鬼子母神堂に続く参道には樹齢400年ともいわれる欅並木が聳え立つ。





子育の神に抱かれて ~鬼子母神前~_a0169902_20391062.jpg
その途中には、ちょっと脇道に入ると、漫画家の手塚治虫が住んでいた「並木ハウス」があった。




子育の神に抱かれて ~鬼子母神前~_a0169902_20391031.jpg
国の有形文化財に登録され、現在も住居や事務所など11部屋全てが埋まっている人気物件だとか。
どんな人が住んでいるのだろう?




子育の神に抱かれて ~鬼子母神前~_a0169902_20391173.jpg
そして、遂に「鬼子母神」に辿り着いた。
境内には、樹齢700年のイチョウの巨木が空へ元気に枝を伸ばして立っていた。




子育の神に抱かれて ~鬼子母神前~_a0169902_20391166.jpg
「子育てイチョウ」と呼ばれるその古木の周りをお稲荷さんの鳥居が囲む。




子育の神に抱かれて ~鬼子母神前~_a0169902_20401771.jpg
ぐるりと回っていると、イチョウの根元に生き物を発見!




子育の神に抱かれて ~鬼子母神前~_a0169902_20401720.jpg
イチョウの落ち葉に抱かれた猫ちゃんだった。
周囲の物音も気にせず、安心しきった様子ですやすやと眠っていた。




子育の神に抱かれて ~鬼子母神前~_a0169902_20401623.jpg
雑司ヶ谷鬼子母神堂は1578年に、村の人々が堂宇を建ててご尊像をお祀りしたのが始まりという。




子育の神に抱かれて ~鬼子母神前~_a0169902_20401634.jpg
安産・子育(こやす)の神様として、古くから広く信仰の対象になってきた。




子育の神に抱かれて ~鬼子母神前~_a0169902_20401705.jpg
境内には東京最古の駄菓子屋さんもある。




子育の神に抱かれて ~鬼子母神前~_a0169902_20401644.jpg
1781年創業の「上川口屋」さん。
初代から数えて13代目となるご店主の内山さんはもう60年以上、
おこづかいを握りしめて通う子供らの成長を見守っている。



子育の神に抱かれて ~鬼子母神前~_a0169902_20401611.jpg
ここはまるで境内全体が温かい母の胎内のような場所だった。




子育の神に抱かれて ~鬼子母神前~_a0169902_20401753.jpg
かつて稲荷の森だった鬼子母神堂は、これからもずっと、
子育てする母や父、そして子供たちを見守ってくれることだろう。

鬼子母神
上川口屋

(旅行日:2023年1月14日)
子育の神に抱かれて ~鬼子母神前~_a0169902_23482620.jpg

★雲母舟からのお願い
ランキングに参加してます。
お気に召したら、クリックしてね♪
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

ブログテーマ:日本に生まれて良かったと思うのは?
by kirafune | 2024-02-03 23:59 | 東京の街 | Trackback