人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

雲母(KIRA)の舟に乗って

東京と京都の街角でキラッと光る揺らぎの瞬間を拾った写真&エッセイのブログです♪


by 雲母舟

日常の中の美~河井寛次郎記念館~

日常の中の美~河井寛次郎記念館~_a0169902_21334658.jpg
そこには、日々の生活の中で静かに宿る美が在った。





日常の中の美~河井寛次郎記念館~_a0169902_21334655.jpg
いよいよ、河井寛次郎の作陶の現場へ。




日常の中の美~河井寛次郎記念館~_a0169902_21334649.jpg
陶房の入口で石の招き猫がお出迎え。




日常の中の美~河井寛次郎記念館~_a0169902_21334721.jpg
素焼窯にも神がいる。




日常の中の美~河井寛次郎記念館~_a0169902_21392418.jpg
中庭の光が入る陶房には、当時の道具類が揃っていた。




日常の中の美~河井寛次郎記念館~_a0169902_21334791.jpg
そして、記念館の一番奥にある登り窯へ。




日常の中の美~河井寛次郎記念館~_a0169902_21500857.jpg
20代の頃、初めての京都ひとり旅でこの登り窯を訪ねた時のことを思い出した。
あれから30年以上の時が流れた。



日常の中の美~河井寛次郎記念館~_a0169902_21334840.jpg
当時の私もこの窯の中へ入った気がする。
今も同じ場所に変わらず在ることに感謝したい気持ちになった。



日常の中の美~河井寛次郎記念館~_a0169902_21334812.jpg
窯の中の部屋から部屋へと炎の駆け上がる様を想像してみた。
今は静かなこの場所で。




日常の中の美~河井寛次郎記念館~_a0169902_21334804.jpg
身近な日常の暮らしの中に美を見出した河井寛次郎の心が
そのまま表現された記念館の佇まいに、訪れる者も安らぎを覚えた。
それは人間と人生を心底大切にした陶芸家に神が授けた感動の形だったのかも知れない。

(訪問日:2024年3月22日)

京都市東山区五条坂鐘鋳町569
電話:075-561-3585
開館:10:00~17:00(入館受付16:30まで)
休み:月曜日(祝日は開館、翌日休館、夏期・冬期休館あり)
交通:京阪電車「清水五条」駅より徒歩10分

★雲母舟からのお願い
ランキングに参加してます。
お気に召したら、クリックしてね♪
   ↓ ↓  
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ

ブログテーマ:私の推し活!~推しは○○です~
by kirafune | 2024-05-14 07:10 | 京都 | Trackback